コク、甘み、香ばしさ!三度おいしい三色弁当

15

オカズデザインさん

PROFILE

コクのある鶏そぼろと、しっとりと甘い炒りたまご、香ばしいアスパラガス。ちゃちゃっと短時間でできるシンプルなおかずだからこそ、一つひとつ丁寧に仕上げると、味わいが格段に上がります。鶏の煮汁がしみたご飯と食べすすめれば、たまらないおいしさ! 食べ飽きることのない、黄金トリオです。

材料

【材料】作りやすい分量
<鶏そぼろ>

鶏胸肉
1枚(300g)
しょうが
20g(細かいみじん切りにする)
1カップ
しょうゆ
大さじ1と1/2
砂糖
大さじ2
ひとつまみ

<炒りたまご>

2個
砂糖
小さじ1
みりん
小さじ2
ひとつまみ

<アスパラガスの塩炒め>

グリーンアスパラガス(細めのもの)
4、5本
油、酒
各大さじ1
適量
ご飯
適量

作り方

1
鶏そぼろを作る。キッチンペーパーで鶏肉の水分をよくふきとる。黄色い脂をとりのぞき、包丁で細かく手切りすると食感よく仕上がる(ひき肉を使ってもよい)。
2
小鍋に酒と調味料を加えて火にかける。沸騰したら1の鶏肉を入れ、中火で炒り煮にする。肉がぽろぽろになったらしょうがを入れる。箸で全体をよく混ぜながら、汁気が半分弱残る程度で火を止める。
3
炒りたまごを作る。卵をボウルに入れてしっかりときほぐし、調味料を入れよく混ぜる。
4
小鍋を中火にかけ、3を入れる。箸を6本ほどまとめて持ち、よく混ぜる。卵がかたまり始めたら火から下ろし、余熱で炒り続けぽろぽろにする。
5
アスパラガスの塩炒めを作る。アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とす。太い部分があればさらに縦半分に切り、3cm長さに切る。
6
フライパンに油を熱し、強火でアスパラガスを炒め、すぐ酒を入れる。中火に落とし、しんなりしたら塩をふって火を止める。
7
ご飯を弁当箱に盛り、冷ましておく。2のそぼろを全体に盛る(うち半分は薄く盛る)。煮汁も全体にかけておく。薄く盛ったそぼろの上に4の炒りたまごを全体が均等になるようにのせる。境目に6のアスパラガスをのせる。
ワンポイントアドバイス

鶏そぼろの煮汁に酒をたっぷり使うのがおいしさの秘訣。今回は鶏肉300gに1カップの酒を使いました。煮ている間にアルコールが飛んで、米のうまみや甘みが凝縮し、とびきりのだしとなって味に深みを出してくれます。

無理なく続けられる私の秘策

あれこれ揃えなくちゃと気負いがちな調味料。いろいろあれば変化もついて便利だけど、基本はベーシックなものがあればよし! 塩、しょうゆ、酒など基本の調味料を使って、素材の味をいかした料理は、身体もほっと喜びます。