いかのしょうがオイルあえとなすバジルみその夏弁

12

山本千織さん

PROFILE

いかやなすなど夏の食材を生かした、さわやかな弁当。しょうがと米油、みそとバジルという食欲の出る味の組み合わせもポイントです。炒め物は手間がかかるうえ、弁当箱のなかでバラバラになってしまいがちですが、さっとゆでてから水気をしっかりとってオイルであえれば、炒めもの風の満足度の高いおかずに仕上がります。

材料

【材料】1人分
<いかのしょうがオイルあえ>

いか
半身(50g、刺身用も可)

(A)

おろししょうが
小さじ1と1/2
米油(サラダ油でも可)
小さじ2
ナンプラー
小さじ1/4
少々
パクチー
適量

<なすバジルみそ>

なす
2本
砂糖
大さじ2強
みそ
大さじ1強
オリーブオイル
大さじ1と1/2
バジル
3枝の葉部分(バジルがない場合は、大葉やエゴマ、ミント、ミョウガなど冷蔵庫に余っている香味菜での代用も可)

作り方

1
いかのしょうがオイルあえを作る。いかは皮をむいてさっと湯通しし、冷水にとって水気をしっかりきる。
2
別のボウルにAを入れてよく混ぜる。そこに1を加えてあえ、パクチーの葉をちぎって散らす。少ししょっぱさを感じるくらいの味つけでちょうどよい。ナンプラーは使いきりサイズのボトルも売られているので、ひとつあると便利。
3
なすバジルみそを作る。なすはひと口大の乱切り、バジルは粗くきざむ。フライパンにオリーブオイルを熱し、なすを油が回ってやわらかくなるまで炒める。
4
3に砂糖、さらにみそを加えて、焦げないように炒めて、火を止める。最後にバジルの葉を混ぜれば、なすバジルみその完成。ご飯とともに、すべて弁当箱に詰める。
ワンポイントアドバイス

いかはさっと湯通ししてからオイルであえることで、手間を省きつつ満足感のあるおかずに仕上げられます。セロリなど食材を加えても◎。炒めないので、フライパンを洗う手間も省けて忙しい朝におすすめです。

無理なく続けられる私の秘策

お弁当箱のなかのレイアウトにもひと工夫。ご飯の近くにはご飯の進むおかずを置くと、迷わず詰められます。さらにはおかずの旨みがご飯に染み出して、どちらもよりおいしくいただけます。