厚揚げ炒り豆腐となめこの天丼風のっけ弁当

9

山本千織さん

PROFILE

使い切れず冷蔵庫に残りがちな厚揚げやなめこを炒めて、のっけ弁に!詰めにくいおかずはご飯の上にのせるのも、ひとつのテクニックです。加熱していくことで、卵やなめこのぬめり、だいこんおろしの水分を上手にとどめ、持ち運んでも水分のこぼれにくいおかずに仕上げています。もちろん、食べ応えもばっちり。

材料

【材料】1人分
<厚揚げ炒り豆腐>

しょうが
15g
いんげん(にんじんやキノコでも可)
15g
長ねぎ
15g
厚揚げ
80g
1個弱
砂糖
大さじ2/3
大さじ2/3
しょうゆ
大さじ1/3
だし(または水)
35ml

<なめこの天丼風>

なめこ
100g
長ねぎ
8cmくらい(50g)
だいこんおろし
60g
しょうゆ
大さじ1
大さじ1

作り方

1
厚揚げ炒り豆腐を作る。みじん切りにしたしょうがといんげんをフライパンで炒め、そこに厚揚げを崩しながら加え、さらに炒める。
2
1に砂糖、酒、だし(または水)を加え、水分が少なくなったらしょうゆで調味。さらに少し炒め、みじん切りにした長ねぎを加えてひと炒めする。
3
2に卵を溶き入れ、すぐに火を止めて、余熱でなじませるように加熱する。
4
なめこの天丼風を作る。長ねぎを斜め切りにする。だいこんはすりおろす。なめこと長ねぎを多めの油で炒め、油がしっかり回ったらだいこんおろしを加える。
5
4をしょうゆで調味し、水分がなくなってなめこの粘りと油、だいこんおろしがなじんできたら火を止め、完成。弁当箱にご飯を敷き、その上に3とともにのせる。
ワンポイントアドバイス

厚揚げは豆腐に比べて水分が少ないため、水気を避けたい弁当にぴったりの食材です。加熱で水分を飛ばす調理を時短にできるだけでなく、味がつきやすくかんたんに調理できる点も魅力的です。

無理なく続けられる私の秘策

「肉も魚もないから弁当ができない!」と思ってしまいがちですが、その思い込みをやめるとお弁当作りがぐっと楽になります。厚揚げ、ちくわ、卵、乾物などをうまく使って、肉魚なし弁当を作ってしまいましょう!