白黒の食材が際立つ春のモノクロ弁当

1

寺井幸也さん

PROFILE

鰆(さわら)、白みそ、ホワイトアスパラ、カリフラワー、ひじきなど、白と黒ばかりのモノトーンカラーで構成した遊び心あふれる地味弁。淡泊になりがちな食材も、みそや塩麹、ごまなどを使って香り豊かにしています。満足感の高いおかずを食べれば、ひじきをたっぷり混ぜたご飯が進むことでしょう!

材料

【材料】2人分
<鰆の白みそ焼き>

鰆切り身
2枚(約160g)
白みそ
小さじ2
塩麹
小さじ2
みりん
小さじ2

<ホワイトアスパラとカリフラワーの黒こしょう炒め>

カリフラワー
80g
ホワイトアスパラガス
80g
黒ごま
適量
ごま油
大さじ1
ごまペースト
小さじ2
だしじょうゆ
大さじ1
小さじ2

<ひじきご飯>

ご飯
200g
ひじき
40g

(A)

しょうゆ
小さじ2
顆粒昆布だし
3g
小さじ2
みりん
大さじ1

作り方

1
鰆の白みそ焼きを作る。白みそ、塩麹、みりんを合わせたたれに漬け込み、冷蔵庫で半日ほど寝かせた鰆の切り身を、グリルで焼き上げる。
2
ホワイトアスパラとカリフラワーの黒こしょう炒めの下ごしらえとして、ひと口大に切ったカリフラワーとアスパラガスを下ゆでする。
3
ひじきとAをフライパンに合わせて炒め、弱火で水分が飛ぶまで煮詰めて佃煮を作る。
4
フライパンで黒ごまをから炒りし、香りがたってきたら、ごま油、2のカリフラワーとアスパラガスを入れ、だしじょうゆと酢を加え炒める。ボウルに移してごまペーストをからめたら、ホワイトアスパラとカリフラワーの黒こしょう炒めの完成。
5
3をご飯と混ぜ、ひじきご飯の完成。すべてを弁当箱に詰める。
ワンポイントアドバイス

ひじきは、弱火で焦がさないよう気を付けながら水気を飛ばす。ひじきにはカルシウムと食物繊維が豊富でヘルシー!前日などに、作り置きすることも可能です。ご飯に混ぜる分量はお好みで。たっぷり混ぜればより栄養満点になりますよ。

無理なく続けられる私の秘策

赤や黄色を入れなきゃ・・・など、色数を増やすことに気を取られがちな弁当作り。でも逆手にとって遊んでみるのもいいですよね。今回は白と黒の食材でしたが、他にもいろいろ応用できるので自由に楽しみましょう!