しっかりめの味付けでごはんがすすむ!野菜いろいろプルコギ丼弁当

69

和田明日香さん

PROFILE

韓国料理の定番、プルコギを手軽なレシピでお弁当に。主菜に肉だけでなく野菜もたっぷり入れると、おかずの品数が少なくても物足りなさをまったく感じません。玉ねぎとニラのほかは、きのこやパプリカ、ピーマンなど冷蔵庫にあるものでOK。塩と黒こしょう、オイルでシンプルに味つけした、かぶとチーズのみのサラダを添えれば完成です。

材料

【材料】1人分
<野菜いろいろプルコギ>

牛しゃぶしゃぶ用肉
150g
玉ねぎ
1/4個(100g)
にんじん
1/3本(50g)
かぶの葉
1個分
ニラ
1/3束(30g)

(A)

しょうゆ・オイスターソース・酒
各大さじ1
砂糖・ごま油
各小さじ2
少々
にんにく(チューブ、またはすりおろす)
小さじ1/2

<かぶとチーズの真っ白サラダ>

かぶ
小1個(50g)
少々
モッツァレラチーズ
50g
ハーブ塩
小さじ1/2(なければ塩少々で代用)
オリーブオイル
大さじ1
黒こしょう
少々

作り方

1
野菜いろいろプルコギを作る。ボウルにAを入れて混ぜ、1cm幅のくし形切りにした玉ねぎ、牛肉を加えてもみ込み、下味をつける。
2
にんじんは薄い短冊切り、かぶの葉とニラは4cmくらいの長さに切る。
3
フライパンに①を汁ごと入れて中火にかけ、炒める。肉の色が変わったら、にんじんとかぶの葉を加えて1〜2分炒め、火を止めてニラを混ぜる。
4
かぶとチーズの真っ白サラダを作る。かぶは皮をむかずに1.5cm角に切り、塩をふる。モッツァレラチーズは水気をよくふき、1.5cm角に切る。
4
かぶの水気をふき取ってボウルに入れ、残りの材料を加えて混ぜる。
ワンポイントアドバイス

野菜が苦手な方や子どもにもおすすめの副菜。ポイントはチーズ。かぶと大きさをそろえて切り、同化させると、思わず食べてしまうおいしさに。かぶは、大根やセロリなど、他の白い野菜に代えてもOKです。

無理なく続けられる私の秘策

プルコギは肉に下味をなじませている間に野菜をカットし、効率よく調理します。副菜で使用したかぶの残った葉無駄なく利用。肉は調味料がしみ込むほど柔らかくなるので、余裕があれば前日の夜から保存袋に入れて冷蔵庫で漬けておくのもおすすめ。朝の調理時間をさらに短くできます。